So-net無料ブログ作成
検索選択

同盟深化、普天間で議論=日米が外務・防衛局長級協議(時事通信)

 日米両政府は2日午前、外務・防衛担当局長らによる「日米安全保障高級事務レベル協議」(SSC)を外務省で開催し、安保条約改定50年を踏まえ、同盟深化の共同文書作成に本格的に着手した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を決着させた上で、年内の合意を目指す。5月末までに移設先を決める方針の日本側は今後の協議で、国内での議論の状況を説明する考えだ。
 協議には、日本側から梅本和義外務省北米局長、高見沢将林防衛省防衛政策局長らが、米側からキャンベル国務次官補(東アジア太平洋担当)、グレグソン国防次官補(アジア・太平洋担当)らがそれぞれ出席した。 

【関連ニュース
米軍再編合意の履行明記=普天間移設へ圧力
小沢氏に説明指示を=参院でも代表質問
小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換
衆院代表質問の詳報

「小沢独裁」を否定=社会保障円卓会議は消極姿勢−鳩山首相(時事通信)
鳩山首相 施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
「日本語大賞」に小学生ら4作品=言葉の力再発見、第1回表彰式(時事通信)
千葉女子大生殺人 荻野さんのカード窃盗で再逮捕(産経新聞)
「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。