So-net無料ブログ作成

千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)

 第32回千葉「正論」懇話会(会長・千葉滋胤千葉県商工会議所連合会長)が17日、千葉市中央区の京成ホテルミラマーレで開かれ、評論家で拓殖大学大学院教授の遠藤浩一氏が「民主党政権は生き残るか?−戦後政治史から2010参院選を読む」と題して講演した。

 遠藤氏は「いまの民主党政権の体たらくは、自民党が体現してきた戦後政治のなれの果て。富の再分配をすれば何とかなるという、幸福な時代の政治を続けようとしている」と民主党政権の実態を分析した。

 参院選に向けては「民主党バブルははじけつつある。新党ラッシュで民主から流れる票の受け皿ができたが、票の吸収が議席に結びつくとは限らず、『たちあがれ日本』や『日本創新党』など新党間の連携が必要だ」と指摘した。

男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存−海保(時事通信)
雑記帳 段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)
ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
高さ14m「足すくむ」新入社員、電柱登り訓練(読売新聞)
「矢臼別で訓練やっていい」普天間問題で宗男氏(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。