So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は、事態の乗り切りに強気の姿勢を示している。事件では平成16年の土地購入の際の原資4億円にゼネコンからの裏献金が含まれているかが焦点。小沢氏側は「やましい点はなく、いつでも説明できる」と自信を持っており、捜査状況をにらみながら潔白を証明し、今後も政権の中枢で指導力を発揮していく考えだ。

 「毎度お騒がせしております小沢一郎でございます」。小沢氏は22日、札幌市内でのあいさつでこう切り出したが、事件には触れなかった。小沢氏は23日に東京地検特捜部の事情聴取に応じる見通しだが、双方の対決の構図はこれまで複雑な展開を見せてきた。

 小沢氏周辺は「事情聴取を拒否してきたわけではなく、特捜部には弁護士を通じて説明していたから、その必要はないと判断していただけ。どうしても必要だというなら拒まない」と、事情聴取に応じることになった経緯を説明する。

 小沢氏は、特捜部が鹿島や陸山会事務所などの家宅捜索を行った13日から、弁護団らと綿密に対応を協議していた。その最中の15日、小沢氏周辺によると、関係者が法務省側の意向として「土地購入の原資が政治資金収支報告書に記載されていなかった容疑で、石川知裕衆院議員を立件するが、事情聴取に応じてもらえれば裏献金問題の捜査は終結させたい」との趣旨を伝えてきたという。

 これを受け、小沢氏側は事情聴取に応じる日程などの調整に入った。しかし、その直後の15日夜、特捜部は石川容疑者ら3人の逮捕という強制捜査に踏み切った。法務省側が先に示した意向と異なる強硬手段がとられたわけで、小沢氏側の予定は狂い、新たな対応を迫られることになった。

 そこで小沢氏はまず、翌16日の民主党大会で「(検察の)このようなやり方は到底容認できない。自らの信念を通し、戦っていく決意だ」と表明、特捜部の捜査には屈しないとの強気の姿勢をアピールした。小沢氏は当初、周辺に原資の4億円の中身についても党大会で説明する意向を示したが、周辺が「捜査がひと段落し冷静な状況になってから説明した方が、国民にも理解してもらえる」といさめ、現時点では抽象的な説明にとどめているようだ。

 小沢氏の関係者によると、原資4億円は小沢氏や家族名義の預金を引き出し、自宅などに保管していたもので、証明する書類もそろっているという。裏献金については「ないのだから、ゼネコンを捜索しても出てくるはずがない」(同関係者)と余裕をみせる。小沢氏側に計1億円の裏献金を渡したという水谷建設元幹部の証言も「水谷建設は1億円を説明できない使途に用いたから、小沢氏側に渡したとウソの証言をしている」(同)という。

 とりあえず特捜部の事情聴取に応じることにした小沢氏だが、周辺は特捜部の捜査手法を「法的に異常であり、小沢氏を何としてもつぶそうという政治的意図がある」(周辺)と批判しており、対決方針に変わりはないようだ。(高橋昌之)

【関連記事】
特捜に仰天“隠し玉”!? 立件視野に白熱の直接対決へ
小沢氏きょう聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
揺れる首相の発言 幹事長続投明言せず

核密約報告書提出、2月以降に延期(産経新聞)
高齢になっても障害があっても、地域で安心して暮らせる社会を(医療介護CBニュース)
<社保庁>複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識(毎日新聞)
中国籍の男を逮捕 神戸の女性講師死体遺棄事件(産経新聞)
小沢氏聴取 特捜部“直接対決” 「政治家のウソ」追及(産経新聞)

【from Editor】今年は青森がブレーク?(産経新聞)

 毎年、初詣では1月2日にさいたま市の大宮氷川神社へ行っている。今年は三が日で約205万人(警察調べ)の参拝客が訪れたという。全国でベストテンに入っており、例年、長蛇の列となるが、時間帯のせいか今年はスムーズに参拝できた。

 氷川神社は孝昭天皇3年(紀元前473年)に創建され、祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)だったが、明治15年に社殿を改造した際、現さいたま市に分散していた稲田姫命(いなだひめのみこと)と大己貴命(おおなむちのみこと)を組み込み三柱の神をまつっている。

 参道はケヤキなどの並木で覆われているが、以前はマツやスギが主流だったらしい。戦中戦後に燃料として伐採されたため植え替えられた。三が日に参道に並ぶ屋台は100店を超える。出店でいか焼きを肴(さかな)に熱かんを飲むのが当たり前のように、“正月の儀式”のひとつになってしまった。

 店を出ようとしたとき、青森県に単身赴任している知人に会った。浦和総局(現さいたま総局)勤務時に市町村合併問題を熱く語り合った人だ。青森から観光大使を委嘱されているという。血糖値や尿酸値が高いなど体調面の話から始まり、「厳しいなぁ」を連発する。自社の支店統合は避けられないという。

 今年12月、青森県が待ち望んでいた東北新幹線の延伸が実現する。現在、東京から最短で約4時間かかっているが延伸により40分間短縮される。東北に新幹線が通った昭和57年からなんと28年になる。

 この間、東北は大きく様変わりしてきた。仙台市が政令指定都市になり、盛岡、山形秋田と新幹線が開業。メリット、デメリットはあるものの、少なからず恩恵を得た。それだけに企業や観光客の誘致は八戸に延伸されたときから始まっている。

 知人によると、青森ねぶたが行われる8月までが勝負という。今、首都圏を中心にキャンペーンを展開しているが、知人から「とことん青森2010」と書かれた大量のパンフレットが送られてきた。

 青森の冬の名物「じゃっぱ汁」を食べに来いとメモ書きがあった。「じゃっぱ汁」とは鱈(たら)のアラのことで大根、白菜、豆腐、コンニャクなどをみそで煮る料理で体の芯から温まるという。

 背水の陣をしいていると聞く。なぜなら5年後には北海道まで新幹線が延伸されるからだ。今年は青森がブレークする?(地方部長 津崎文明)

小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)
<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)
「やっぱり法制局長官を国会に」政府が心変わり?(読売新聞)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
菜の花 満開で一足早い春 神奈川県二宮町の吾妻山公園で(毎日新聞)

介護従事者の給与、9000円上昇=09年度報酬改定で実態調査−厚労省(時事通信)

 2009年度の介護報酬改定で初の3%アップとなった結果、介護施設で働く従業員の09年9月時点の平均給与が23万1366円となり、前年同月比9058円上昇したことが25日、厚生労働省の実態調査(速報値)で明らかになった。改定当時は、上昇分を全額職員給与に充てれば月額2万円の引き上げにつながると想定されたが、上昇幅は半額程度にとどまった。
 特に低賃金が問題となっているホームヘルパーなど介護職員の給与は19万9854円で、同8919円アップだった。厚労省では、不況で定期昇給が見送られる企業もある中、プラス改定による一定の賃金アップ効果はあったものの、一部は介護施設の運営などに使われたとみている。 

【関連ニュース
地方公務員給与、6年連続国を下回る=ラス指数98.5-総務省調査
11月給与、2.8%減=18カ月連続マイナス
残業時間の減少率縮小=生産持ち直しで
全都道府県で年収ダウン=景気悪化が影響
全市が年収ダウン=政令市の給与勧告

【中医協】「薬剤管理指導料」の係数化は見送り(医療介護CBニュース)
捜査可視化、賛同相次ぐ=小沢氏系グループ会合(時事通信)
インプラント再使用疑惑の歯科院長、自殺未遂(読売新聞)
超高層マンション 地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
大寒 全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)

小沢氏の個人事務所周辺、重々しい雰囲気 「納得できる説明を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏から任意で事情聴取を始めた。小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事務所が入る東京都港区のマンション周辺には報道陣の姿もなく閑散とした様子。一方、小沢氏の個人事務所が入るマンションには、報道陣のカメラ10台以上が集まり、警備のための警察車両が配備されるなど重々しい空気に包まれた。

 不安そうな様子でマンションを眺めていた事務所近くに住む会社員の男性(34)は「検察の動きは政局がらみのように感じる。しかし、小沢氏は国民が納得できる説明責任は果たすべきだ」と話した。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
静岡県伊東市で震度4(時事通信)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
上野動物園 逃げたサル捕獲 6時間後飲食店の地下階段で(毎日新聞)

「アングラ」文化の歌手 浅川マキさん急死(産経新聞)

 「かもめ」などの曲で団塊の世代を中心に支持された歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、滞在先の名古屋市中区のホテルで倒れているのが見つかり、搬送先の病院で亡くなった。67歳だった。死因は急性心不全。葬儀は近親者のみで行う。

 愛知県警によると、浅川さんは同日午後7時半から名古屋市のライブハウスで公演予定だったが、姿を現さず滞在先のホテルの浴室で倒れていた。

 石川県出身。昭和43年、寺山修司さん演出の東京新宿の地下劇場「蠍座(さそりざ)」一人舞台で注目を集め、45年に「浅川マキの世界」でアルバムデビュー。黒ずくめの服で歌うスタイルで、1970年代の「アングラ」文化の担い手として支持された。代表曲に「東京挽歌(ばんか)」「夜が明けたら」など。

皇太子ご夫妻、震災15周年式典にご出席(産経新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
<浅田次郎氏>函館朝市組合に謝罪 カニ「宅配詐欺」と記述(毎日新聞)
土地所有は陸山会との「確認書」、作成日を偽装(読売新聞)
蓮如 真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)

<中津川5人殺害>26日に名古屋高裁で判決 判断に注目(毎日新聞)

 岐阜県中津川市で05年2月、家族5人を殺害し1人にけがをさせたとして、殺人などの罪に問われた同市坂下の元市職員、原平被告(62)に対する控訴審判決が26日、名古屋高裁で言い渡される。1審岐阜地裁判決(09年1月)が無期懲役(求刑・死刑)を言い渡したのに対し、高裁が「5人殺害」という結果の重大性や責任能力の有無についてどう判断するか注目される。【式守克史】

 1審判決は原被告の完全責任能力を認める一方、「精神的に追い込まれての無理心中。一方的な憎悪や利欲的な動機による犯行と比較すると一抹の酌量の余地はある」として死刑を回避。検察、弁護側双方が控訴した。

 控訴審で検察側は「殺害被害者5人という社会を震撼(しんかん)させた世上まれに見る凶悪重大犯罪」と指摘。原被告が母親への憎悪をきっかけに犯行に及び、「残された家族がつらい思いをするから」との理由で他の4人を巻き添えにした点について「身勝手で独善的。酌量の余地はみじんもない」と指摘し、改めて死刑を求めた。

 一方、弁護側は「恨みもない子どもや孫まで殺害する動機は説明がつかない。被告は犯行時、心神耗弱状態だった」として有期懲役刑を主張している。

 原被告に妻と子ども2人を殺害されたうえ、自身も包丁で腹部を刺されて軽傷を負った夫(44)は1審では死刑を望んでいなかったが、控訴審の法廷では「被告に反省が見られない。死刑にしてほしい」と述べた。この遺族の処罰感情の変化が量刑上どう考慮されるかも焦点の一つだ。

 ◇ことば・中津川・家族5人殺害事件

 1審判決によると、原被告は05年2月27日朝、岐阜県中津川市の自宅で母チヨコさん(当時85歳)と長男正さん(同33歳)をネクタイで絞殺。その後、近くに住む長女の藤井こずえさん(同30歳)とこずえさんの長男孝平ちゃん(同2歳)、長女彩菜ちゃん(同生後3週間)を自宅に連れ帰って首を絞めるなどして殺害。こずえさんの夫(44)も呼び出し、包丁で刺して軽傷を負わせた。

【関連ニュース
殺人:容疑で飲食店店長逮捕 車に火をつけ2人殺害 大阪
裁判員裁判:母親殺害、懲役14年求刑 弁護側「執行猶予判決を」 /宮城
裁判員裁判:仙台の母親殺害 被告、起訴内容認める 量刑が争点に /宮城
郡上の車転落事故:父親を書類送検 心中と判断、殺人容疑で /岐阜
岐阜・男女殺傷:控訴を取り下げ、1審の無期確定 /岐阜

旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
「年下嫌いだった」大学3年、弟の殺人未遂容疑(読売新聞)
<振り込め詐欺>09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
子ども手当はハイチ支援の倍以上!みんなの党・渡辺代表が批判(産経新聞)
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走−千葉・市川(時事通信)

<札幌女性殺害>防犯カメラに不審な男 被害者追い横切る(毎日新聞)

 札幌市北区百合が原の道路脇で兵庫県西宮市、無職、杉本稲子さん(72)が他殺体で見つかった事件で、杉本さんが18日早朝に現場近くのコンビニエンスストアで買い物をした直後に、黒っぽい格好をした男が杉本さんを追うようにコンビニ前を横切る姿が店の防犯カメラに映っていたことが21日、分かった。北海道警はカメラの画像を解析し、事件との関連を調べている。

 道警によると、杉本さんは18日早朝、日課の散歩に出掛け、同日午前5時28分ごろ、遺体発見現場から約150メートル離れたコンビニで買い物をした。道警が防犯カメラの画像を調べたところ、杉本さんが店を出た約2分後、店の出入り口の前を杉本さんが立ち去ったのと同じ方向に向かって通り過ぎる男の姿が映っていたという。当時の店員は「店内には杉本さんとすれ違いで入ってきた女性客1人だけで、店外の人には気付かなかった」と説明しているという。

 このほかにも現場近くで、男性会社員が杉本さんらしき女性のすぐ後ろを歩く不審な男を目撃したとの情報もあり、道警で関連を調べている。杉本さんの腹などには複数の刺し傷があったが、腕には刃物で襲われた際などに争ってできる防御創がほとんどなく、現場周辺では18日朝に叫び声を聞いた人もいないという。道警は背後などからいきなり襲われ、抵抗する間もなく殺害されたとみている。

 現場から数百メートル離れた場所では、杉本さんがコンビニで購入した日本酒と同じ種類の紙パックが空の状態で2個見つかっており、道警でストローなどについた粘膜のDNA鑑定を進めている。【円谷美晶、和田浩幸】

【関連ニュース
女性殺害:72歳朝の散歩帰り 道路脇で雪に埋まり 札幌
殺人:道路脇の雪の中に72歳女性他殺体−−札幌
札幌・女性遺体:殺人と断定 捜査本部を設置
札幌:雪に埋まった女性の変死体見つかる

陸山会土地購入 小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)
<安保改定50周年>日米の外務・防衛担当閣僚が共同声明(毎日新聞)
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏(産経新聞)
レーザーポインターを無届け販売=輸入業者ら2人逮捕−大阪府警(時事通信)
<阪神大震災>6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)

日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は1月15日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会日本脳炎に関する小委員会」(委員長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の初会合を開いた。初会合では、日本脳炎ワクチンの接種の積極的な勧奨を再開することを決めた。

 日本脳炎ワクチンをめぐっては、2005年5月にマウス脳による製法のワクチンで接種後に重症ADEM(急性散在性脳脊髄炎)を発症した事例があったため、接種の積極的な勧奨を差し控えた。しかし、昨年2月に「乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン」が薬事承認され、6月に定期接種の1期に使用できるワクチンとして位置付けられていた。

 同小委員会は、これを受けて厚労相が予防接種部会に設置したもので、今後の定期接種のあり方について検討する。
 検討項目は、(1)定期予防接種の積極的な勧奨の取り扱い(2)勧奨の差し控えで接種の機会を逃した人に対する経過措置(3) 2期の予防接種として用いた場合の有効性・安全性についての知見の集積―の3点。
 (1)では、積極的な勧奨を再開した場合に、勧奨の対象者についてどう考えるか、(2)では、「接種の機会を逃した人」の範囲はどこまでか、機会を逃した人に対してどのような接種機会の提供が必要かなどを検討する。(3)については現在、厚生科学研究費補助金事業で2期接種の安全性や有効性を検討しており、その結果を踏まえて検討するとした。

 委員は、予防接種部会の委員17人のうち加藤総長、国立感染症研究所感染症情報センターの岡部信彦センター長ら6人。


【関連記事】
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に
新たな日本脳炎ワクチンの使用でQ&A−厚労省
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
「ヒブワクチン」、19日から任意接種が可能に
06年度の予防接種後の副作用を集計―厚労省

新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕−警視庁(時事通信)
<三重現金輸送車襲撃>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
パトカーとバイク衝突、60歳男性けが 京都(産経新聞)
EU大統領、4月に初来日=貿易交渉は厳しい局面も(時事通信)

<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)

 日本の領土などに関する書籍を高額で売りつけたとして岡山県警組対1課は21日にも、東京都北区に本社を置く出版社の岡山営業所に対し、恐喝容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は営業所員数人の逮捕状を請求しており、同営業所と本社など関係先数カ所を家宅捜索する。

 捜査関係者によると、この出版社の刊行物は1冊5万円前後と高額で、複数の購入者から被害届が出ているという。営業所員らは電話や訪問などで書籍購入を勧誘、断られると暴言を吐くなどして複数人から書籍代として計数十万円を脅し取った疑いがあるという。

 県警は、会社ぐるみで強引な販売が行われた可能性もあるとみており、組織犯罪処罰法違反容疑での立件も視野に調べを進める。

 出版社のホームページによると、同社は資本金5億円で設立。本社のほか、東京、関西、中部に支店を置き、岡山、仙台福岡に営業所がある。【石戸諭、石井尚】

【関連ニュース
鳥取の恐喝未遂:元警察官に有罪判決
恐喝未遂:ハンカチ会社から現金を脅し取ろうとした疑い、男を逮捕
恐喝:女性を脅し続け横領金むしる? 容疑で再逮捕

駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず−JR西(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>恒例の「講書始の儀」行われる(毎日新聞)
社長のバラバラ遺体捨てる 容疑の元組幹部ら逮捕 神奈川県警(産経新聞)
<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)
高額サリドマイドに補助金、調査協力名目で(読売新聞)

<自賠責>10年度の保険料を据え置き 金融庁審議会(毎日新聞)

 自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料を決める金融庁の自賠責審議会(首相の諮問機関)は19日、10年度の自賠責保険の保険料を据え置くことを決めた。

 保険料は現在、自家用車が2万2470円(2年契約)。08年度に9260円値下げされた。事故件数は減少傾向だが、後遺障害事故が増加傾向にあり、10年度の自賠責全体の収支は2280億円の赤字となる見込み。赤字は10年ぶりだが、積立金が4451億円(08年度末現在)あるため、保険料の値上げは見送ることにした。【井出晋平】

【関連ニュース
金融庁:過払い利息返還請求履歴、信用情報から削除へ
亀井金融相:東証視察 金融庁職員の業界への出向要請
韓国外換銀行:金融庁が一部業務停止命令
日本郵政3社:改善策を金融庁などに報告 職員横領発覚で
金融庁:「ヤマト便」の保険契約停止命じる

埼玉不審死、女を6度目逮捕 婚活相手から四百数十万円(産経新聞)
<部分日食>日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
機密費2・5億支出、河村元官房長官を背任で告発(読売新聞)
野党、「対検察共闘」発言を批判=菅氏は首相かばう(時事通信)
<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。